« グッドモーニングベトナム | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝PART1 »

クラインの壺

クラインの壷 (講談社文庫) Book クラインの壷 (講談社文庫)

著者:岡嶋 二人
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「大どんでん返しが面白い」

と折り紙つきだったので読んだけれど、

そんなに大どんでん返しでは無かった。

先入観なしで読めばよかった。

でも、その点をのぞいても とても面白かった。

クラインの壺というのは、メビウスの輪をさらに立体的にしたものらしい。

タイトルから、昔の骨董美術商の話だと想像していたけれど

バーチャルリアリティをモチーフにした、SFミステリーでした。

ラストは、「インセンプション」を思い出しました。

こっちの小説は、1989年でだいぶ先だけれど。

今では、実現も不可能じゃなく考えられるようになったバーチャルリアリティだけれど、

30年も前でこの発想はすごい。

ひとつ謎が残っちゃったのは、、

百瀬さんは、どうなったのかな?

|

« グッドモーニングベトナム | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝PART1 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クラインの壺:

« グッドモーニングベトナム | トップページ | ハリーポッターと死の秘宝PART1 »